FC2ブログ

香るキッチン

いつも焼きたてパンの幸せな香りがするキッチンでありたいと、日々頑張ってパンを焼いています

Entries

『皇居東御苑』

この旅3日目、最終日

まず帝国ホテルからほど近い皇居東御苑へ
ここは旧江戸城の本丸跡地があります
大手門から入り、荷物チックをして受付すれば
だれでも無料で見学できます

大手門
Pintu_Gerbang_Otemon_2005-07-25.jpg
私のスマフォではうまく撮れなかったので
こちらからお借りしました

東京ドーム25個分の敷地がありますので
暑さもあって、要所だけ見学
IMG_3142[1]
役人が控えていたという番所の前を抜けていくと
大きな石垣が見えてきます
ここを抜けると広い公園が広がっています

果樹古品種園・・・果樹の原種になるのでしょうか
天皇陛下が江戸時代の果樹の様子を
訪れた方に見てほしいという意向で植樹されたとか
IMG_3144[1]
いまでもたまに天皇陛下が
観察にこられることがあるとか・・・
IMG_3143[1]
この時期はリンゴが沢山実っておりました
食べごろにはまだ程遠い色をしておりましたが・・・
IMG_3145[1]
緑が多くて、大都会の真ん中とは思えない贅沢な広さ
IMG_3146[1]

IMG_3148[1]
あの忠臣蔵の刃傷事件があった松之大廊下跡辺り
いまでは見る影もありませんが・・・

IMG_3149[1]
江戸城本丸跡地
とにかく圧倒されるくらい石がでかい!
当たり前ですが…広島城が立つ城石とは
比べ物になりません・・・笑

皇居東御苑は平成2年の大嘗祭が行われた場所
この時は同年7月末から12月末までの間
臨時休園となっておりました
平成31年11月に想定される
新天皇の大嘗祭準備のため
また長期休暇となるかもと・・・

ここも無料開放されておりますので
新しい時代への行事が行われる場所へ
思いを馳せて観光されてみるのも
よろしいかと思います・・・・


広島ブログ

今日は昼食後、ウトウトしていたら
物凄い雷で飛び起きました!( ゚Д゚)
一番にPCのコンセントを引っこ抜き
びくびく・・・
雷が鳴るたび、一人でキャー、キャー!・・・・
家の中で飛び上がり・・・
雷は大の苦手!

これで、少しは涼しくなるといいけど。

『旧岩崎邸』

前記、「旧古河邸」見学ののち
さだまさしの歌でも知られる「無縁坂」
すぐそばにある「旧岩崎邸」を見学。
只今工事中でしたが見学は可能です
05_03_01.jpg
残念なことに工事で覆いが架かっていたので
写真はこちらからお借りしました

三菱創設者・岩崎彌太郎の長男
岩崎久彌によってジョサイア・コンドルの設計で
明治29年に竣工されたもの
詳しくはこちらで・・・(^_^;)
来客のための、いわば岩崎家の迎賓館として
建てられました



このお屋敷、もとは約1万5,000坪の敷地に、
20棟もの建物が並んでいて
現在は3分の1の敷地となり、現存するのは
洋館・撞球室・和館の3棟
それでも見学するだけで一時間あまり
かかりましたわ・・・
ここもクーラーの設置がないので
できれば、真夏の見学は避けたいものです、爆!
尚、内部の撮影は平日のみ許可だそうです



話は変わりますが・・・昨日はこの旅行に連れて行って
くれた伯母の家で伯父の3回忌法要に
行ってきました
場所は呉の吉浦
行きは朝6時過ぎに出たので8時前には着きましたが
帰りは呉、吉浦、天応、小屋裏、坂辺りまで
渋滞が続き、坂のインターにたどり着くまで1時間
かかりました
呉線の被害状況がひどくて再開はまだまだ先とか・・・
呉のサラリーマンと学生さんは、通勤通学に時間が取られ
疲労困憊していると、従妹が話してくれました

4年前の安佐南区の緑井から八木にかけての
豪雨災害があった場所もまだ復旧工事が続いていることを
思うと、呉方面も復旧までに何年係るのだろうかと
気が遠くなります

それでも、一歩、一歩進んでいくしかない現状に
被災された方の心情を偲んで
エールを送るしかない私は
今日の普通の営みがあることが
本当はとても大切なことだと心する毎日です

広島ブログ

『旧古河邸』

2日目は『旧古河邸』
戦前の15財閥のひとつである古河財閥所有の邸宅でしたが
戦後の財閥解体のときに、大谷重工が購入したもの
(ホテルニューオオタニはこの系列。と言えばピン!
とくる方も・・・)
なのでここの別名は大谷美術館となっております
IMG_3073[1]
戦後、進駐軍に接収され、
イギリス大使館が使用しておりましたが
接収解除後、昭和27年から30年近く放置され
蔦が覆い、お化け屋敷のごとく荒廃していたそうで・・・
こんなお屋敷が30年も放置だなんてね~
さぞかし気持ち悪かったことと・・・爆!

昭和57年に文化財指定を受け、
6年もの年月をかけて修復工事され
平成元年より一般公開されるように。
(内部見学は往復はがきにて申し込みか必要です)
内部は、クーラーが設置されておらず
この猛暑の中、うちわであおぎながら汗だくで
見学いたしましたよ・・・笑

IMG_3074[1]
邸宅の前は洋風庭園、少し下るようにして
それはそれは広い日本庭園が
広がっております
IMG_3080[1]

IMG_3082[1]

この建物と西洋庭園はジョサイア・コンドルの設計
ジョサイアと言えば日本の近代建築の父と言っても
過言ではない・・・らしいです、
恥ずかしながら建築のことは、さっぱりの無学でして・・・
彼が手掛けた名建築の数々を追うと
本当にすごい人だったのですね~と・・。今更。

この後、同じくジョサイアコンドルが手掛けた
旧岩崎邸(三菱創設者本邸)へと参りました

この続きはまた後日・・・
いつになったらこの旅行記、終わるかしらん・・・(-_-;)

広島ブログ


*CommentList

明治生命館

前記の続き・・・
旧白洲次郎邸をあとにしてバスで都内へ・・・
東京丸の内にある「明治生命館」


全貌がこちら
1280px-Meiji_Yasuda_Life_Insurance_Company_Head_Office_2009.jpg
写真は私のスマフォでは入りきらなくて
こちらからお借りしましら


建物の設計は東京美術学校(今の東京芸術大学)教授の
岡田信一郎ですが、半ばで病に倒れ昭和7年に急遽。
その後弟の捷五郎に引き継がれ、昭和9年に完成しました

こちらであのマッカーサーも
会議に何度も出席していたと言われ
昭和の激動を知る建物なのだと、
そのころの時代に思いを馳せました

お近くにお越しの際はぜひとも訪れてみては
いかがでしょうか・・・
東京駅丸の内南口から徒歩5分!
なんと、入館無料でございます( ゚Д゚)

広島ブログ

白洲次郎は生き方もカッコよかった!

今回の東京旅行は今も現存する
名建築を訪ねるという企画でございました

一日目に訪れたのは
神奈川県大磯にある旧吉田茂邸
詳しくはこちらで・・・
IMG_3002[1]
広いお庭の向こうに数奇屋作りの邸宅
IMG_3003[1]
吉田茂没後は、大磯プリンスホテルの別館として買い取られ、その後
歴史的建築物とし保存計画中、平成21年に火災に遭い新たに建てられたものです

お次は旧白洲次郎邸「武相荘」へ・・・
IMG_3019[1]
白洲次郎の名は聞いたことがあっても、どんな人で
どんな生き方をした人なのかまでは知識がなかったのですが
この人が大変なハンサム(今や死語?笑)な方だった事を知ったのはitatchiさんのお孫さんが、
ある方に「白洲次郎に似てるね~」と
言われたことからでした、笑
IMG_3015[1]
ここはどこの邸宅よりも質素でしたが、
どこの豪華な邸宅よりも素敵な佇まいでありました
IMG_3011[1]
このお家の中には白洲次郎や婦人の正子が
使っていた食器や衣類、アクセサリーが
展示してあります
その内容はどうぞこちら
器、帯や浴衣まで本当におしゃれで粋なものばかり
どれもため息がでる品々で
今回の旅で一番テンション上がりましわ~・・・

白洲次郎の遺書も展示してあり、
「葬式無用、戒名不用」の書は
この人の潔い生き方そのものです。
IMG_3017[1]
説明書きはなかったのですが、愛用されていたらしい(?)
今も乗れるのではないかと思われる
こんなかわいい自転車が
さりげな~~く、置いてあるのです
IMG_3018[1]
車が大変お好きで、80歳になるまでポルシェを
乗り回していたとか・・・かっこいいわ~
現在もバーとして使われている場所は唯一中の写真を
撮ることができました
IMG_3016[1]
邸宅の廻りもあまり人の手はいれず
自然の中にひっそりと佇んでいる感じでした
IMG_3014[1]

今回の旅であと4~5件の邸宅を
訪問したのですが・・・
あまりの白洲次郎邸が素敵すぎて、笑

この続きはまた後日・・・

広島ブログ




*CommentList

ご案内

プロフィール

くりちゃん827

Author:くりちゃん827
楽天からお引越ししてまいりました
家族に焼きたてパンを食べさせたくて
朝5時起きでパンを作ってます

広島ブログ

最新記事