香るキッチン

いつも焼きたてパンの幸せな香りがするキッチンでありたいと、日々頑張ってパンを焼いています

Entries

「子どもへのまなざし」

今朝の地方紙に「子供へのまなざし」という
育児書を書かれた佐々木正美先生の記事があった
私はこの本を読んだことがなかったけれど
何でも育児書のロングセラーだとか…
もっと早く出会っていればと後悔…(>_<)

この記事で一番勇気付けられたのは
>子育ては過保護くらいがちょうどいいのです。子ども3人が朝食にそれぞれ
「目玉焼きがいい」「私はスクランブルエッグで」「ゆで卵にして」と言えば、面倒でもその通りに作ってやって下さい

コレはもう我が家の毎朝の風景そのもの!おまけにパン食とご飯に味噌汁
と分かれているので、朝はてんやわんやなのだ…
でもこんな風に言ってくださると、不安も吹き飛ぶ気がする。
でもコレには続きがある…

>ただし過保護と過干渉は違います。子どもが望んでもいないのにやらせる過干渉は、自立心や自主性を駄目にします。
親は子供が運転する車を、後ろからそっと押してやるような
関係がちょうどいい。回り道をしてハラハラするかもしれませんが

まったくだ!毎日がハラハラですから~(涙)

>いつかは必ず正しい道を進みだします

ほんとかな~…不安一杯なんだけどな~(涙)

>子供の力を信じて。

ハイ!

>ハンドルを奪い、無理やり進路を変えようとする親もいます。自分の心に
問いかけてみてください。「子供のため」と言いながら、実は「自分を喜ばせるような子どもになってほしい」と思っていませんか?

正直思ってます(^o^)丿
先の見えない子育てだけど、答えが出るのはいつの日なんだか…(涙)
確かに反抗期に子どもと向き合うのはホント大変だけど、反抗期が
あることが正常のかもしれないな…とも思った私でした。
きっとこれは神様が、子どもを受け止めるだけの度量を親に備えさせる
試練を与えた期間かもね…

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

くりちゃん827

Author:くりちゃん827
楽天からお引越ししてまいりました
家族に焼きたてパンを食べさせたくて
朝5時起きでパンを作ってます

広島ブログ

最新記事