香るキッチン

いつも焼きたてパンの幸せな香りがするキッチンでありたいと、日々頑張ってパンを焼いています

Entries

夢のありか

中国新聞が、若い世代の生き方や心模様を通し、社会のひずみや矛盾を描いた連載
『夢のありか』
就職難にもがく日本の学生、韓国の学生事情や就職活動、そして終盤は大人からのメッセージが
綴られた連載記事でした

この連載が始まったころは、ゆとり教育の置き土産のような我が子のことが
書かれているようで、気分が暗くなり、読むのも辛かったときがありました

韓国の学生がキャリアを磨くために必死に勉強している現状
その逆上を行くように
ゆとりに重きを置く生ぬるい教育で育った日本の若者
このままでは今の日本は、世の中に置いてけぼりにされる
そんな焦燥感で一杯になりました

娘も就職には本当に苦労して、今でも分厚いファイルに詰められた
エントリーシートや履歴書を捨てることができません
あんなに苦労した証拠を、今見返すことはなくても
あの時の悔しさや、惨めな思いをしたことを忘れないためだろうと
親は娘の心情を想うのであります


6月23日の記事は作家の石田衣良さんからのメッセージが載っていました
このメッセージを読んで、なんだか救われた気がしました

>今の日本は枠から外れた人を評価しない。
 均質素材を求める。そうすると、会社の環境や経済状況が変わったときに
 一斉に崩れてしまう。

>20代の10年なんて、棒に振っても大丈夫だよ。ゆっくり自己分析してほしい。
 若いうちにたくさんの人に会って、本を読んで音楽聴いて。
 悩みながら自分なりの考えを煮詰めていく。

今の社会が要求する生き方が総てじゃないのだと、そんな気がしてきました

娘は言います
「大学の先輩は、卒業するより、中退した人の方が出世してるんだよね…」

石田さんの生き方が物を言うように
失敗してもやり直せる若さ
それこそが武器だと思えてきました

失敗した経験や、周り道した時間こそが
その人の宝物であり、武器なのだ

『若者よ、大志をいだけ!』なんて言えないけれど
『若者よ、悩み苦しんで、「自分の夢のありか」を探しなさい
そんなゆとりが日本にはまだあるのだから…』
そんな希望とアドバイスをくれる連載でした


広島ブログ

Comment

 

初めまして!。こんにちは。
『夢のありか』連載初めの頃は…熱心に読んでいたのですが
読めない日続いていて(-_-;)。

石田衣良さんからのメッセージも
掲載されていたのですね(*_*)。

とても心揺さぶるような、素敵な記事の御紹介を
ありがとうございました(^^)。
  • posted by Labrisa 
  • URL 
  • 2012.07/08 08:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

Lablrisaさんへ 

コメント有難うございますm(__)m

この記事ご覧になっていらしたんですね~
不定期だったので、私もいくつか読み損ねた記事があったと思います

我が子たちは一体どうなるんだろう・・・と不安が一杯になった時期もありましたが
石田さんのメッセージを読んで
挫折したり、夢が破れたり、そんな経験が人を成長させるんだと
気持ちを強くさせてもらいました


> とても心揺さぶるような、素敵な記事の御紹介を
> ありがとうございました(^^)。
  • posted by くりちゃん827 
  • URL 
  • 2012.07/09 15:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

くりちゃん827

Author:くりちゃん827
楽天からお引越ししてまいりました
家族に焼きたてパンを食べさせたくて
朝5時起きでパンを作ってます

広島ブログ

最新記事