香るキッチン

いつも焼きたてパンの幸せな香りがするキッチンでありたいと、日々頑張ってパンを焼いています

Entries

ドイツ お別れの時

楽しい時間はあっと言う間 
シェフのお宅ともお別れの日がやってきました
ずっといいお天気が続いていたのに、この日は土砂降りの雨
後にも先にも、この旅行で雨が降ったのはこの日だけ
奥様には「ママが帰るから、空も泣いてるみたい」と言われ
シェフからは「ドイツ式にお別れしよう!」とでっかい体にハグしていただき・・・
ドイツ語どころか、英語もわからん私は「Thank you so much」とお礼を言うのが精一杯でした

この日は月曜日、お仕事があるのでシェフとはここでお別れし
奥様に車で駅まで送っていただきました
IMG_0918.jpg
雨の降る葡萄畑の風景・・・私の心の中を表してるみたいでした
息子にはボンまで同行してもらって、フランクフルト行きの列車に乗るまで
付き合ってもらいました

フランクフルト行きの電車がやってきて、いよいよお別れの時が・・・
スーツケースを持って電車に乗ると後ろからどんどん乗客が・・・
振り返る間もなく電車の中に押し込まれ、無情にも電車がホームを離れていきました

またライン川に沿って電車は走りはじめます
ほんの数日前にみたライン川はとても美しく輝いて見えましたが
この日はどんよりと薄暗く・・・それでもいつもとかわらないとでも言うように
川沿いではランニングしている人あり、散歩している人あり・・・

席に着いたとたん、止めどなく涙がこぼれて、あとからあとから涙が溢れてきます
もうこうなるとダムの決壊です。
別れるとき、息子はどんな顔をしていたのだろう
いえ、見れなくてよかった、見てたらもっと辛かったはず

そういえば傘持っていなかったのに・・・渡してやればよかった
この雨の中どうやってシェフのお家まで帰ったのだろう・・・と
びしょぬれの息子の姿が目に浮かびまた涙が溢れます

昨日の楽しかった食卓が思い出されて
久々に手料理をたべさせてやれてよかった・・・
たどたどしいドイツ語でシェフとのやり取りをする息子の小さな頭を
シェフの大きな手でクシャクシャっとなでる姿に
シェフの懐の大きさに感謝の念が込み上げます

楽しくて、楽しくてこの数日がどんなに幸せな時間だったのだろうと
・・・もう私の涙は誰も止めることができません
義妹に慰められると余計に涙が出てくる始末・・・

フランクフルトに着くまで約1時間・・・涙が乾くには短すぎる時間でした
列車が到着する頃には雨もすっかり止んでいました
広島ブログ




Comment

 

読みながらこちらも感情移入してしまい思わず涙です。

成長された息子さん、そして温かく見守ってくださるシェフ夫妻にお会いできてホントによかったですね~☆

子供が成長された分、親もしっかりしなければとわが身に振り返って言い聞かせてます。
  • posted by takako 
  • URL 
  • 2014.09/09 21:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

takakoさんへ 

コメント有難うございますm(__)m

>思わず涙・・・

泣かせてしまいましたね~。私も書きながら泣いて
読みながら思い出して涙、涙・・・。
帰国する来年の春が遠く感じます

>シェフ夫妻にお会いできて・・・

勇気をだしてドイツに行ってよかった~と・・・
素敵なご夫妻に見守られて成長する息子に感無量でした
頑張っている息子の姿に、私も励まされます
  • posted by くりちゃん 
  • URL 
  • 2014.09/10 10:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

読んでいて、私もうるっときてしまいました・・・。
別れの時というのは、切ないものですね。

でも、お母さんの手料理を食べて、息子さんも嬉しかったと思いますよ。
はるばる日本から、がんばっている自分に合いに来てくれたお母さんに、きっと感謝でいっぱいのことと思います。

  • posted by maco 
  • URL 
  • 2014.09/10 15:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

macoさんへ 

コメント有難うございますm(__)m

>別れの時・・・

こんな経験は何度あっても慣れませんね~(涙)
ボンの駅で別れたときの気持ちは切なすぎました
泣き顔をみせなくてむしろよかったかもしれません・・・

それでも頑張っている姿に、私も元気をもらいました(@_@。
帰国したときにはまた彼の好物を並べたいと思います
  • posted by くりちゃん 
  • URL 
  • 2014.09/10 17:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

これで終わってしまうのが、残念なドイツ紀行でした。
お別れは、涙無しには、ムリですよね。

でも、思いきって遠いドイツまで、出掛けられて、得るものも多い旅でしたでしょう。
信頼できる方のもとで、我が子が成長している姿を見れるって、貴重な経験でしたね。
親は、なかなか、我が子の仕事場を見ることはできないし、成長を感じることも、滅多にないから(うちの息子の場合は、特にないのかも?)
この頃は、ご自宅でドイツワインを飲みながら、思い出にひたってますか?もう、ワインは残ってないとか?
  • posted by itatchi 
  • URL 
  • 2014.09/11 14:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

itatchiさんへ 

コメント有難うございますm(__)m

>これで終わってしまう・・・・

いえいえ、まだ続くのであります(爆!)
この後フランクフルトからほど近いヴィースバーデンとい街に行きます
ここも綺麗な街でしたのでお楽しみに(笑)
もうこの旅行テンコ盛りで最後まで楽しませていただきましたヽ(^o^)丿

>得るものも多い旅

英語もできんし、どうしようかと躊躇していたのですが
勇気をだしてよかったです。タダの観光ではなく人と触れあえる旅でしたので
記憶も深く残りました

いや~、息子さんが側にいてくれるitatchiさん!
ご主人と同じ職業につく息子さんは素敵だと・・・
頼もしい!ですよね~

>ドイツワインを・・・

まだ、あります(笑)。先日はオクトーバーフェスにも行きましたよ^^;
takakoさんに教えていただいた鷹野橋のリカーショップにも行ってみようと思います
意地でも辛口のドイツワイン探して見せます(爆!)

  • posted by くりちゃん 
  • URL 
  • 2014.09/11 15:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

息子さんに会われて
安心したのと喜びとの反動は大きいでしょうね。
私もウルルンです。

息子さんもお母さんの手料理が力になったと思います。

頑張っている間は何の心配もいらない。
息子と別れる時は
そう自分に言い聞かせています。
  • posted by nancy 
  • URL 
  • 2014.09/12 12:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

nancyさんへ 

コメント有難うございますm(__)m

>反動は大きいでしょうね・・・

それまでは絶対顔に出さないようにしていたのですが
列車に乗ったとたんに、ダムが決壊してしまいました
涙を見せずに済んだのは、幸いだったな~と今になって思います

>お母さんの手料理が・・・

楽しそうに食べる顔が目に焼きついております
本当に幸せで楽しい時間でした

>頑張っている間は・・

そうですね~。それが目にできただけでも
遠くドイツまで出かけてよかったと思いました(@_@。
  • posted by くりちゃん 
  • URL 
  • 2014.09/12 15:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

くりちゃん827

Author:くりちゃん827
楽天からお引越ししてまいりました
家族に焼きたてパンを食べさせたくて
朝5時起きでパンを作ってます

広島ブログ

最新記事